img_04

留学前に評判のNICの転換教育で訓練しよう


皆さんは「転換教育」という言葉を聞いたことがありますか?
この転換教育は留学専門のNICという学校が考えたものです。
NICは留学を目指す学生が1年間で留学に必要な英語力や
コミュニケーション能力を身に付けるための学校で、
海外大学への登竜門と言われています。
留学のためのNICの転換教育とは、留学を成功させるため、
日本式から欧米式の授業に転換する教育ということです。
簡単にいえば、欧米の授業に対応できるように、
留学前に評判のNICで訓練するということですね。

日本式の授業とは、言いかえれば暗記型の授業のことです。
日本では一方通行の講義形式の授業が多いですよね?
常に対話しながら授業が進められており、
積極的な発言も評価の対象になります。
英語が得意でも、積極的に発言することができなければ
良い成績を残すことはできないのです。
ですので、日本の教育方針のままでる留学しても、
いい単位は愚か、全く単位を取ることができないということもあるのです。

評判のNICの転換教育では、留学先で必要になる分析的思考と
表現力を身に付けることができます。
評判のNICでの留学は、学生に「自分らしさ」=「個」を発揮させるために、
今まで蓄えてきた「情報知識」を用い、
更なる情報収集を基に「対話・思考・実践」を相対的に学びます。
その結果として、NICの学生は自立心を発育させ、
留学先で潜在能力を発揮できるようになるのです。

留学のための言語力だけでなく、思考力も評判のNICの転換教育では
身に着けられるということなのです。
他の留学生と差を図りたいというのであれば、受けない手はないと思います。